行政書士の資格【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

行政書士が人気があるわけ♪

行政書士は常に資格の人気ランキングトップもしくは上位にランキングされています。

 

業務内容としては、行政書士法によると、他人から報酬を受けて官公庁に提出する書類やその他義務権利又は事実証明に関する書類の作成代行を主たる仕事しています。

 

 

文章としては簡単に表現できますが、市役所などに提出する書類は膨大な種類があります。

 

宅地の農地転用、車検の書類、車庫証明、許認可申請、届け出等あげれば無数にあります。

 

それだけ潜在的な需要があるといえます。

 

 ただ、これらの書類は原則本人が提出することができ、窓口などに相談すると提出法などを丁寧に教えてくれる役所も多くなりましたので、顧客の開拓が重要になると思われます。

 

 守備範囲を手広く広げるよりも、たとえば宅建業に付随する許認可申請に特化するなど専門分野を絞り込むかたが多いようです。

 

 

また、個人から受注するより、銀行や病院など法人と業務契約を結んだ方が収入の安定につながることは言うまでもありません。

 

 ただ、営業競争が激化していることや業務単価が低下していることなどは問題点としてあげられます。

 

行政書士だけでなく、司法書士や宅建などダブルライセンスを取得して職域を広げている方が多いのもこの資格ホルダーの特徴となっています。