福祉用具専門相談員を取る【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

福祉用具専門相談員を取る

介護に関係するパートをしたいと思っている女性の方々、福祉用具専門相談員という資格はご存知ですか?

 

福祉用具専門相談員とは、福祉用具や介護用具をレンタルしたり販売するときに専門的なアドバイスを行う仕事を行う人のことをいいます。

 

福祉用具や介護用具は使ったことのない人が多く、どうやって選べばいいのか、どう使えばいいのか分からないことが多いと思います。

 

このようなとき、介護保険制度では必ず専門家と相談して用具を求めるようにしています。

 

 

超高齢社会の日本では、今後も福祉用具や介護用具を必要とする人たちは増えると考えられ、福祉用具専門相談員を取ると就職は大変しやすいと考えられます。

 

職場は福祉用具や介護用具の貸与事業所に勤めるということが多いでしょう。

福祉用具専門相談員の取得方法

福祉用具専門相談員は介護系の職種の中で必要とされる職種ですが、資格としての難易度は低めであり、無試験で取得できるため、かなり人気が高まっています。

 

比較的短期間での取得が容易なため、子育てや家事に忙しい女性の方でも目指しやすい資格と言えるでしょう。

 

利用者の身体状態や住宅構造、環境などを考えた上で福祉用具や介護用具を選ぶ必要があるため、できればホームヘルパーや福祉住環境コーディネーターなどのほかの専門資格も取得すると、ますます就職の機会は広がります。

 

 

女性の再就職におすすめの福祉用具専門相談員、ぜひ検討してみてください。