介護福祉士を取る【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

介護福祉士を取る

パートで仕事をしようと考えている女性の中でも、介護系の職種は人気があると思います。

 

介護系の資格で国家資格のものに介護福祉士があります。

 

介護福祉士を取るにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まず、介護福祉士の仕事についてですが、介護が必要な人に食事や排せつ、入浴や着脱衣など、直接的に身体に触れる介護を行うことができます。

 

しかし、それだけではなく介護福祉士に求められるのは日常生活の環境を整えたり、家族など周囲の対人関係の調整や介護が必要な人の社会参加の機会の支援などもあります。

 

 

また、介護が必要な人と家族に専門的な知識に基づいた技術の指導も介護福祉士の仕事の一つです。

 

介護福祉士になるには厚生労働大臣指定の養成施設を卒業するか、実務経験3年以上などの条件を満たし、国家試験を受験する方法があります。

 

今まで福祉系の学校に通っていたわけではないのであれば、実務経験を積んでから国家試験を目指すのが妥当でしょう。

 

パートで働こうと思う女性の多くはブランクの期間があると思います。

 

しかし、介護福祉士の資格があれば年齢や仕事のブランクがあっても就職しやすいでしょう。

 

超高齢社会の日本では今後も介護を必要とする人は増えてくると考えられ、そのため介護福祉士も必要とされるはずです。

 

日本全国、どこにでも介護施設はありますので、介護福祉士の資格を持っていれば就職も比較的容易です。

 

また、老人ホームだけでなく、福祉用具販売店などでも働くことができますので、パートをするには持ってこいの資格と言えるのではないでしょうか。