ベビーシッターの講習を受ける【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

ベビーシッターの講習を受ける

女性が働きたい仕事の一つとして、子供の保育に関する仕事があげられるでしょう。

 

特に、自宅でできる仕事というのは家事や育児に忙しい女性には大変魅力的です。

 

そんな女性におすすめのものがベビーシッターです。

 

 

ベビーシッターをするのに資格が必要というわけではありませんが、実は認定ベビーシッターという資格が存在するのです。

 

それでは、認定ベビーシッターとはどのようなものなのでしょうか。

 

認定ベビーシッターはベビーシッター協会が主催している資格です。

 

子供を預ける側も何の資格もない人にいきなり預けるのは気が引けるでしょう。

 

そんな中、認定ベビーシッターを持っていれば、ベビーシッターについて一定の専門的知識や技術を有しているという証明になり、仕事をする上では優位に働くと考えられます。

 

認定ベビーシッターの資格を得るには、まずベビーシッターの講習を受ける必要があります。

 

2つの研修を受けたあと認定試験を受験し、審査が通れば登録が可能となります。

 

基本的に認定ベビーシッター資格試験を受験するには実務経験が必要なのですが、実務経験がなくとも実践研修科医制度もありますので心配いりません。

 

難易度はそれほど高くなく、比較的短期間に取得することが可能な資格ですので、仕事を持っている女性や、家事や育児に忙しい主婦でも取得しやすいと言えるでしょう。

 

自宅で自分の子供と一緒にベビーシッターを行うことも可能ですから、ぜひ資格の取得を考えてみてください。